HOME > 縮毛矯正

縮毛矯正

ビフォーアフター

今以上髪を傷めたくない/質感を変えて扱いやすくしたい方へ

アルカリ成分ゼロ!!
特殊な薬剤で髪を傷めることなくクセをしっかり伸ばし、ツヤのあるストレートに仕上げます!

通常の縮毛矯正は基本アルカリ剤が入っており、毛髪のキューティクルを開き薬剤を毛髪内部に浸透させやすし、結合をはずしアイロンしていきます。 これに対して、ノンアルカリ縮毛矯正はアルカリ剤が入っていないのでキューティクルを開かず薬剤をゆっくり浸透させて毛髪内部の結合をはずさずに緩める程度でしっかりアイロンをしていくのでほぼ傷ませる事なく艶感の持続性のあるストレートに仕上がります。


ノンアルカリ縮毛矯正の工程

  1. ① カウンセリング
    カウンセリング時には、お客様の髪質・ダメージ等に合わせて薬剤を選ばせて頂きます。
  2. ② シャンプー&前処理
    ノンアルカリ縮毛矯正専用のシャンプー・トリートメントを使用し、薬剤の反応をきちんと行える髪の状態をつくります。
    前処理として失われた毛先に必要なタンパク質などの栄養分を補充していきます。
  3. ③ 薬剤塗布
    お客様の髪の太さやクセの強さによって、塗布量を変えたり、薬剤を塗り分けたりして調節していきます。 場合によっては部分的に時間差をおいて薬剤塗布していきます。
  4. ④ 放置タイム
    ラップで覆い加温していきます。
    髪の状態によりますが30分~40分程加温します。
    ※その際お飲物をご用意しております。
  5. ⑤ チェック
    髪への薬剤の反応状態を確認します。
    (この際髪の状態によりプラスで加温する事があります)
  6. ⑥ お流し
    しっかり洗い流し専用のトリートメントを塗布し流します。
    タオルドライ後、アイロン前の処理として髪に必要なタンパク質等の栄養分を補充します。
  7. ⑦ ドライ&アイロン
    完全ドライします。アイロン施術は従来の方式は軟化して弱った髪に、幅を厚く髪の量を多く挟んで、手加減を加えながらのアイロンでした。
    しかし、ノンアルカリ縮毛矯正はほとんど軟化しませんので
    ※できるだけ薄く5mm幅
    ※180℃~200℃で1秒~2秒止めながらアイロンしていきます。
    その為通常の縮毛矯正と比べるとお時間がかかってしまいます。
  8. ⑧ 2剤塗布
    2剤を毛髪全体に塗布し、5分程放置します。
    ※アイロンでストレートにした状態を固定します。
  9. ⑨ お流し
    2剤をしっかりと洗い流していきます。
    そして専用のトリートメント又は髪質にあったトリートメントをします。
  10. ⑩ 仕上げ
    洗い流さないトリートメント等をつけ乾かしていきます。
    ※濡れていると少し薬剤の匂いが残る場合がございますが、しっかり乾かすと臭いがなくなります。

このページのトップへ